ITH-6CLの互換インク情報局

エプソンイチョウインクITH-6CLの互換インク情報。ITH-6CLの互換インクが本当にお得に購入できるのはどこ?

ITH-6CLの互換インク販売店情報

エプソンイチョウ』(ITH-6CL)の互換インクは2017年以降、供給が安定してきたようです。現在は様々な販売店から購入することができます。

現在、最も安いであろうと思われるのが楽天の『tomoz』というショップの互換インクですね。

→ITH-6CL互換インク(tomoz)

価格も安いし、品質も悪くないようです。安くて使用に問題ないのであれば迷う必要もないですね。

 

互換インクでも信頼性が一番!という方には『インクのチップス楽天市場店』の互換インクはどうでしょうか。

 

 

→ITH-6CL(イチョウ)互換 インク(インクのチップス)

 このショップはISO認定の工場で互換インクを製造しており、インク自体の信頼性はもとよりショップの評判も良く、様々な賞を受賞しているお店です。何かあった時の対応もズバ抜けているので信頼と安さのバランスが最も取れているかなと思います。

 

上記2つのショップがとりあえずの選択肢かなって思います。もっといろんなショップを比較してみたいという方はこちらをどうぞ!

→ITH-6CL互換インク比較 

 

これらをチェックしてもイマイチだな~って人は大人しく純正を買った方がいいと思います。他機種の互換インクと比較してもITH-6CLはちょっと高いですからね。それなら純正で最大限の安心を手に入れるのも悪くない選択だと思います。

純正はamazonが安いみたいです。

→ITH-6CL(純正)

 

詰め替え情報

ITH-6CL(イチョウ)の詰め替えインクですが、販売店はあまり多くないようです。

初めて使う人用の「スターターセット」ならゼクーカラーというお店が安いですね。


 

 

詰め替えインクのもう一つのおすすめ販売店は『エコインク』です。

 

どちらも詰め替え回数各色4回程度なのでゼクーカラーの方が安いかな?エコインクの詰め替えセットは説明も丁寧で初心者に優しい感じはしますね。

どちらの詰め替えインクもリセッターという、カートリッジのICチップに記録されたインク残量をリセットする装置を使用しますがリセッターを使用するにあたってはUSBケーブルがないと使えないという注意点があります。

USBケーブルはプリンターとPCを接続しているケーブルがそのまま使える場合が大半でしょうが、不安な場合とかプリンターから抜き差しするのが面倒という人はケーブルを用意しておきましょう。

A-Bタイプというのを買っておけば問題ないです。長さは自分の環境に合わせましょう。

→USBケーブル(A-Bタイプ)価格比較

 

なお、詰め替えには純正のインクカートリッジが必要です。互換インクを使ってて純正カートリッジ捨てちゃった!という人は使えませんのでご注意を。

 

まあ互換インクをそのまま使い続けるのも全然アリですけどね。安いですし手間もかかりませんし。

ith6clgokan.hatenablog.com

広告を非表示にする

ITH-LMの安いインクは?

ITH-LM(ライトマゼンタ)があればいいんだけど、安く買う方法ってないの?

結論から言えば、互換インクを買えばいいよってなるんですけど互換インクの使用は自己責任だし抵抗もある人も多いと思いますので純正と互換、それぞれの価格相場を調べてみました。まずは互換インクからどうぞ。

 

互換インクはどこが安い?

ITH-LMの互換インクなら「インクのチップス」っていう楽天にあるお店が一番でしょうね。

→ITH-LM互換インク(インクのチップス)

安さはもちろんのこと、一年保証が付いてたり、サポートもしっかりしてるし、何よりネコポスで届くのが早いし送料もかからないのが魅力です。

互換インク販売店としても優秀で、ISO認証工場で管理されて作られたものを販売しており、楽天内でも人気の高いショップです。

インク購入を安く済ませたいならあれこれ探すまでもなくここでサクッと買うのが一番だと思います。あれこれ調べるのは結果的にムダだった、って事になりそうですし。

 

でもやはり1つの店だけじゃなくて複数の店と比較して決めたいですよね。1円でも損したくないですし。

なので心配な人は一度他のお店と比較してみましょう。

→ITH-LM互換インクの価格比較

 

送料無料で、できるだけ安く、ってことを条件に入れると自ずと候補が絞られてきます。

特に送料は気にしたほうがいいです。ヘタしたらインク代より送料の方が高いとこもありますから。それでは本末転倒なので。

純正インクの価格比較

純正インクの場合、まずは価格.comで相場を調べてみましょう。

kakaku.com



イートレンド、Caravan YUあたりが送料無料で最安値のようです。後は最安値ではなかったですが(私が調べた時は、ですけど)Amazonあたりが候補になりそうでしょうか。

→ITH-LM純正(Amazon)

Amazonは送料かかるじゃん!と思うかもしれませんが、2,000円以上の注文で送料は無料になるのでついで買いの商品がある人にはおすすめでしょう。

また、純正インクは年々安くなる、というわけでもなくたまに値上がりもするので安くなるまで待とうという考えは危険かもしれません。とはいえ、変動幅は微々たるものですが。

以上がITH-LM(ライトマゼンタ)の互換インクと純正インクの比較です。純正は800円台後半、互換インクは400円台後半の価格で購入できれば勝ち組と考えてよさそう。何度も言いますが、送料無料のとこを選びましょうね。


他には詰め替えという手段もあります。イチョウインクは詰め替えセットも販売されてるので気になる方はこちらの記事をどうぞ。

ith6clgokan.hatenablog.com

ITH-LCの価格ってどれくらい?

ITH-LC(ライトシアン)だけ必要って場合、どこで買うのが価格も安くて損せずに済むのか?互換インク・純正インクの価格をそれぞれ比較してみます。

互換インクは?

まず互換インクから。
ITH-LCの互換インクを買うなら楽天市場にある「インクのチップス」というショップが一番無難でしょうね。

→ITH-LC互換インク(インクインクのチップス)

 

互換インクなので当然安いですし(私が調べた時点では互換インクでも最安値でした)、ネコポスで届くのも早いし送料もかからない。一年保証もついてるし安心して利用できます。

個人的にはチップスでサクッと買うのが時間も金もロスせずに済むとは思うのですが他に安い店がないか調べたいのも人情ですものね。互換インクの価格比較も載せておくので参考にしてください。

→ITH-LC互換インクの価格比較

 

選ぶ基準は人によって違うと思いますが、まずは送料がかからないとこから選びましょう。数百円のものを買うのに、同じくらいの送料がかかってしまってはバカらしいですからね。

純正インクはどう?

純正インクの場合、選び方は簡単です。

価格.comで調べて、最安値で送料無料のショップを探すだけでいいです。

→ITH-LC(純正)価格比較

NTT-X Store、イートレンド、ひかりTV Shoppingの3店あたりがいつも最安値で送料無料ですね。

他にも最安値のショップはあるようですが支払いにカードが使えませんね。といことは代引き手数料か振込手数料がかかってしまい最安値とはいえなくなります。

 

ネット通販でお馴染みといえばAmazonですが、最安値ではないようです。2,000円以上の買い物じゃないと送料も発生するのであまりうま味はないですね。

→ITH-LC純正(Amazon)

他にAmazonで買わないといけないものがあって、ついで買いするなら最適でしょうね。


というわけで、ITH-LC(ライトシアン)だけ欲しい場合の価格比較でした。価格は日々変化するので具体的な金額を書けないのが苦しいとこですが最安値の店はほぼ変わらないので問題はないでしょう。


他に詰め替えという手段もあります。気になる方はこちらの記事をどうぞ。

→ITH-6CLの詰め替え情報

ITH-Yだけでいい場合

交換するのはITH-Y(イエロー)だけでいいんだけど…。って人もいると思います。そんな時はどこで買えばいいでしょう。互換インク・純正インクをそれぞれ比較してみます。

互換インクは?


ITH-Yの互換インクを買うなら「インクのチップス楽天市場店」が最有力候補。

→ITH-Y互換インク(インクのチップス)

 

互換インクなので純正インクの半額近い安さになるのは当然で、その中でも信頼性・届くスピードで最も優れていると言えるでしょう。品質も良いですし、口コミを調べても良し。これといった文句がないです。

だけどITH-Yの互換インク販売店は他にも少しはありますので、確認だけはしといてもいいかもしれません。もっと良いショップが出てきてるかもしれないので。
→ITH-Y互換インク価格比較(楽天)

 

互換インクを購入する場合は何と言っても送料無料のとこを選びましょう。メール便で送料無料になるのがベストですね。いちいち互換インクのために家で待っとくのもめんどくさいですし。

純正インクはどう?

純正インクの場合も選ぶ店は多くありません。

価格.comで調べてみると

イートレンド、NTT-X Store、ひかりTV Shoppingの3ショップあたりがいつも最安値で送料無料ですね。

kakaku.com



価格推移を見ると少しずつ下落傾向にあります。もっと安くなる期待を込めたいところですが先の事は予想できないので値下がりするまで待つ、というのはあまり得策ではないかも。値上がりする可能性だってあるわけで…。

で、上記3店舗とは別に純正インクを探す時は私はたいていAmazonから覗いてみるのですがITH-Yの場合は最安値ではないみたいですね。まあそのうち値下げして最安値に並んでくれる可能性もあるのでチェックしておく価値はあるでしょう。

→ITH-Y純正(Amazon)

Amazonで買う時は2,000円以上の注文をしないと送料無料にならないので注意しましょう。


というわけで、ITH-Y(イエロー)だけ欲しい場合の選択肢をいくつか紹介しました。仮に最安値じゃないとこで買うとしても大した差ではないので普段使い慣れてるとこが一番かもですね。

 

また、詰め替えはないの?という方はこちらをどうぞ。

→ITH-6CLの詰め替え情報

ITH-Mを単品購入したい時は

ITH-M(マゼンタ)だけ単品で買えればいいという人もいるでしょう。そんな時はどこで買えばいいでしょう。

イチョウインクは単品で買う場合、そんなに悩む事はないでしょう。

安さで言えば互換インクなのでまず互換インクから。

 

互換インクの価格は?

 

ITH-Mの互換インクなら「インクのチップス楽天市場店」がおすすめ。

→ITH-M互換(インクのチップス楽天市場店)

 

こちらのショップは純正の半額近い安さが魅力的なのはもちろんのこと、メール便で送料無料になる点や到着の早さ、保証などトータルで他の互換インク販売店より一歩抜きん出ています。長年互換インクを販売しており、信頼できる点は大きいですね。

ですがイチョウの互換インクを販売してるショップは他にもありますので、一応チェックはしといた方がいいかもしれません。とにかく安く買いたい!という人にはもっとお得なショップが出て来ている可能性がありますので。

→ITH-M互換インク価格比較(楽天)

 

ここが一番安い!と思っても送料まで含めると高くつく場合が多いのでよく確認しましょう。ヘタしたら送料の方がインクより高い場合もありますから。

 

純正インクは?

 

純正インクの場合も選択肢は限られてます。

価格比較サイトで調べてみると

ひかりTV Shopping、NTT-X Store、イートレンドの3店舗あたりが最安値で送料無料のようです。

→ITH-M(純正)価格比較

純正インクを探す時はたいていAmazonが最安値なのでまずAmazonから見てみるんですがイチョウに関してはそうでもないみたいですね。とはいえ、十分安い部類には入ってますけど。

そのうち値下げしてくれる可能性もあるので一応貼っておきますね。

→ITH-M純正(Amazon)

Amazonは2,000円以上の買い物でやっと送料無料になるのでついで買いとかまとめ買いの時に利用するようにしないと損します。お気を付けて。

 

というわけで、ITH-M(マゼンタ)を単品購入する場合の選択肢はこれくらいになるでしょう。深く考えずに、使い慣れてるとこで買えばいいと思います。

詰め替えを探してるんだけど、という方はこちらをどうぞ。

→ITH-6CLの詰め替え情報

ITH-Cの価格比較

ITH-C(シアン)は通販だとどこがおすすめでしょうか?

ITH(イチョウ)インクを各色単品で買う場合、選択肢はそんなに多くないのでそこまで迷う事はないと思います。

では、まず互換インクから見ていきます。

互換インクの価格は?


ITH-Cの互換インクを買うなら楽天の「チップス」というショップがおすすめ。

→ITH-C互換インク(チップス)

 

互換インクはやっぱ安いです。純正の半額近い値段です。ネコポス(ポスト投函サービス)で送料無料になるし届くのも早いのが魅力的。

他のショップでも互換インクは売られていますが、私が見た時点ではやっぱりチップスかなという印象。でも他にもっといい店が登場してる可能性もあるので確認はしといた方がいいかもですね。

→ITH-C互換インク価格比較(楽天)

 

注意点としては、激安店を見つけても送料までしっかりチェックすること。送料まで含めると純正より高くついちゃった、なんてことになったら目も当てられませんからね。

純正インクは?

では純正インクの場合はどうでしょうか。

純正も選択肢は多くありません。

価格.comなどの価格比較サイトで調べると、NTT-X Store、ひかりTV Shopping、イートレンドの3店舗あたりが最安値で送料無料です。

→ITH-C(純正)価格比較

使い慣れてるであろう店としてはAmazonが有力候補ですね。でも最安値ショップと比較するとほん~のわずかですが高いようです。まあ使った事のないショップだと個人情報とか入力しないといけないのが面倒ですから10円程度高いくらいなら注文が楽な方を選ぶかも。

→ITH-C純正(Amazon)

あくまで私が見た時点での話ですから、もう最安値になってるかもしれませんしね。

それとAmazonで購入する場合は2,000円以上の注文をしないと送料がかかるので気をつけてください。

ITH-C(シアン)を買う場合の選択肢はそこまで多くないのであまり悩む事はないと思いますよ。

詰め替えを探してるんだけど、という方はこちらをどうぞ。

ith6clgokan.hatenablog.com

広告を非表示にする